Inici Autors Articles de David Folch

David Folch

358 ARTICLES 0 COMENTARIS
Llicenciat en farmàcia i en física per la Universitat de Barcelona. Col.laboracions amb el CTTC-UPC. 1r Premi i finalista al certamen Paraules a Icària per dues. novel.les de ciència-ficció

La web del projecte Llista Cívica per la Independència

Ja està activa la pàgina web llistacivicaxlaindependencia.cat amb la informació necessària perquè els socis de l’entitat puguin decidir, amb tota transparència, si volen impulsar el projecte: una agrupació d’electors que es presenti a les pròximes...

El Consell de la República amplia la seva Xarxa Diplomàtica

El Consell de la República amplia la seva Xarxa Diplomàtica amb dos nous Delegats Exteriors a països estratègics com Suïssa i Itàlia i renova la Delegació de Luxemburg. El nou Delegat Exterior a Itàlia és...

Esquerra Republicana registra esmenes a la llei d’amnistia que en milloren la seguretat jurídica

Esquerra Republicana ha registrat aquest dimarts al Congrés dels Diputats una sèrie d’esmenes a la llei d’amnistia per tal de millorar-ne la seguretat jurídica i ampliar l’abast de la llei en alguns supòsits. Les negociacions...

El comitè d’experts del Consell d’Europa visita Catalunya per valorar la situació del català i l’aranès

El comitè d’experts del Consell d’Europa, encarregat de valorar el compliment de la Carta Europea de les Llengües Regionals i Minoritàries per part de l’Estat espanyol, ha començat les seves tasques sobre el terreny...

Es presenta el volum 39 dels “Textos Jurídics Catalans: Cort General de Barcelona (1480-1481)”

La presidenta del Parlament, Anna Erra, acompanyada de la consellera de Justícia, Drets i Memòria, Gemma Ubasart, han presentat  el volum 39 de la col·lecció “Textos Jurídics Catalans: Cort General de Barcelona (1480-1481)”. Aquesta...
foto: Arnau Carbonell

El president Aragonès assegura que el govern espanyol “arriba tard” a la desclassificació de l’espionatge de Pegasus

El president de la Generalitat, Pere Aragonès i Garcia, ha afirmat avui que “el govern espanyol arriba tard” a la desclassificació de la documentació secreta sobre l'espionatge del telèfon del president amb el programa Pegasus, per...

Convocatòria de les eleccions a la presidència del Consell de la República

El Consell de la República ha iniciat el procés electoral per escollir la seva presidència. En efecte, s'ha publicat al Butlletí Oficial del Consell el Decret de Convocatòria d'aquestes eleccions, que se celebraran entre...

Die Casa Vallmanya wird restauriert und zu einem Bezugspunkt im Netzwerk der Räume des demokratischen Gedächtnisses werden, um an die Figur des Präsidenten Macià...

Die katalanische Regierung, vertreten durch die Ministerien für Kultur und Justiz, Rechte und Gedenken, die Provinzregierung von Lleida, vertreten durch das Institut für Ilerdencs-Studien (IEI), und die Stadtverwaltung von Alcarràs werden eine Vereinbarung über...

Casa Vallmanya will be restored and become a point of reference in the Network of Spaces of Democratic Memory, in order to remember the...

The Government of Catalonia, through the departments of Culture and Justice, Rights and Memory, the Provincial Council of Lleida, through the Institute of Ilerdencs Studies (IEI), and Alcarràs City Council, will sign an agreement...

カサ・ヴァルマンニャは修復され、マシア大統領を偲ぶための「民主的記憶の空間ネットワーク」の拠点となる。

カタルーニャ州政府は、文化・司法・権利・記憶省を通じて、リェイダ州議会は、イレルデンツ研究所(IEI)を通じて、そしてアルカラス市議会は、バルマンニャ邸を取得し、その再生を確実にするための協定に署名する。ナタリア・ガリーガ文化大臣は、この協定により「バルマーニャ邸をマシア大統領の思い出の空間、共和国の思い出の空間として位置づけることが可能になる」と説明し、関係機関すべての関与に感謝した: 「私たち行政が協力し、地元と国の両方のニーズを理解することで、このような良い取引が実現するのです」。 IEIの副会長であるエステファニア・ルファック氏は、「3年前、リェイダ州議会は、カサ・バルマンニャという国のシンボルを保存するために、州議会および市議会との協定の必要性を説き、緊急時でありながらも、長期的に維持する意志を持った活動を推進した。3年後、私たちが提案した作戦を実行に移し、マシア・デ・レ・ボルヘスやカンパニーズ・デル・タロスですでに行っているように、新しい世代にカタルーニャの歴史を知ってもらうことができるようになったことをうれしく思います」。 アルカラス市長のジェラール・カンパニェスは、カタルーニャの歴史において、またその最も偉大な人物の一人であるマシア大統領の歴史において、バルマーニャが意味するものの重要性を強調した。「バルマーニャが思い出の空間となることは、行政当局の理解の賜物であり、その支援と献身に感謝したい」とカンパニーズ氏は付け加え、「アルカラス住民のために費用がかかることはない」と強調した。 協定により、文化省とリェイダ州議会は、92万ユーロをアルカラス市議会に寄付することを約束した。第一に、建物の劣化を食い止め、人々の安全を確保するために、すべての建物を緊急修理すること、第二に、母屋と中庭の屋根とスラブの修復と構造強化、外壁と囲いの修復と再生、周辺環境の適合を行うことである。 同協定において、アルカラース市議会は、民主的な記憶、特に第二共和制、共和政、内戦の時代に関する知識の回復、記念、促進を監督する司法・権利・記憶省の機関である民主的記念空間ネットワークに従うことを約束する。これにより、アルカラス市議会、特にカサ・バルマンニャは、マシア大統領のように、国の重要な出来事や人物を説明する自治体のネットワークの一部となる。このネットワークに参加することで、この地域の看板や、教育・情報提供活動などが展開され、マシア大統領の仕事と生涯に関する知識が強化されるとともに、記念遺産の地域的なダイナミズムにも貢献することになる。 カサ・ヴァルマーニャ、マシア・ラマルカ家の住居 元々、ヴァルマーニャ邸は17世紀に建てられたカルトゥジオ会の建物で、セグリア地方では数少ないマナーハウスの一つでした。19世紀末から、マキア・ラマルカ家の邸宅として使用されるようになりました。この邸宅の所有者であり、フランセスク・マキアの妻であるエウジェニア・ラマルカの父でもあるアガピット・ラマルカが、古いカルトゥーゾの部屋を大改築しました。1936年から1939年の内戦で放火された後、邸宅の内部は何度も改築が繰り返された。2008年、アルカラース市議会は、この邸宅を地方重要文化財(BCIL)に指定したが、邸宅の購入と修復には多額の投資が必要なため、これまで邸宅の保存と普及に責任を持つことができなかった。 サルベム・カサ・バルマンニャのプラットフォームが、この建物を国益文化財(BCIN)に指定するために提出した高さに関する申し立てに関して、文化省は、バルマンニャ邸を「歴史的建造物」のカテゴリーでBCINに指定することが可能であると考えるカタルーニャ研究所の技術報告書を要求した。文化省は本日、サルベム・バルマンニャ・プラットフォームに対し、高さに関する訴えの解決は継続中であるが、この点について通知した。    link: https://unilateral.cat/2023/12/27/la-casa-vallmanya-es-restaurara-i-es-convertira-en-un-punt-de-referencia-de-la-xarxa-despais-de-memoria-democratica-per-tal-de-recordar-la-figura-del-president-macia/